浅葱色(あさぎ色)

マンセル値:2.5B 5/8

一般に、やや緑がかった薄い藍あい色をさす。江戸時代に羽織はおりの裏地として浅葱色の木綿が使われた。これを浅葱裏という。遊里ではこうした羽織を着た武士を田舎者とし「浅葱(浅葱裏)」とあざけった。またバラ科の落葉高木で全体に薄い青色のものを浅葱桜という。

参考ページ:色名がわかる辞典

慣用色