青磁色

マンセル値:7.5G 6.5/4

青磁のような青みがかった淡い緑色のこと。青磁とは土や上薬に鉄分を含み、それが焼かれて還元され表面が青みがかった淡い緑色になる磁器をさす。中国の宋代に完成された。日本の宮廷では秘色ひそくと呼んで珍重したという。日本で初めて焼かれたのは江戸時代初期の有田焼。また、青磁の焼き物は古くから日本に伝わっていたが、色名として使われるようになるのは近代と考えられている。青磁のもっている存在感が色名に反映して、独特のイメージを生み出した。衣類のほか、電気製品や日用品などに幅広く用いられる。

参考ページ:色名がわかる辞典

慣用色