鶯色(うぐいす色)

マンセル値:1GY 4.5/3.5

ウグイスの羽の色をさし、やや濃いめの黄緑色。江戸時代から染色の色としてよく用いられた。アオエンドウを煮た鶯豆、ヨモギなどを混ぜた鶯餠の色が典型的。ウグイスはスズメ目ウグイス科の小鳥で、春に美しい鳴き声を聴かせてくれることから「春告鳥」とも呼ばれる。現代で春を感じさせる色として用いるときは、新緑のイメージもあって、やや薄く明るい色にすることがある。

参考ページ:色名がわかる辞典

慣用色