マゼンタ

マンセル値:5RP 5/14

紫みを帯びた赤のこと。アニリン染料の色名として用いられた。イタリアの古戦場マゼンタの地名に由来する。また、イエロー、シアンとともに印刷などで用いる色の三原色の一つ。通常のカラー印刷ではこれにブラックを加え、それぞれの色の量を加減して重ねて刷る。このように色を重ね合わせることを減法混色という。多く重ねるほど明るさが減り元の色より暗くなる。印刷の場合、日本語で赤とよぶことがある。

参考ページ:色名がわかる辞典

慣用色