FirefoxがCPUリソースを大量に消費し、パソコンが重たくなる現象について

Firefoxを使っているとCPUの使用率が100%となり、パソコンが急激に重たくなる場合があります。そんな時はメモリーの消費量を減らすことで改善することが可能です。改善には「config.trim_on_minimize」項目を追加設定をします。設定方法は簡単ですが、他の項目を変更すると大変な目に合うので注意して作業してください。

設定方法

設定画面へ

ブラウザのURL入力欄に「about:config」と入力してEnterキーを押します。
「危険を承知の上で作業する」をクリックします。
firefoxが重たく、CPU使用率が100%になるときの対策 その1

新規項目の追加

ブラウザのページ内(どこでもOK)で右クックし、「新規作成」→「真偽値」と進みます。
firefoxが重たく、CPU使用率が100%になるときの対策 その2

新規項目の追加2

新しい真偽値の設定名で「config.trim_on_minimize」と入力してOKをクリック。
firefoxが重たく、CPU使用率が100%になるときの対策 その3

真偽値の設定

「ture」の真偽値を選択し、OKをクリック。
firefoxが重たく、CPU使用率が100%になるときの対策 その4

以上で完了です。

(感想)
 Firefoxのメモリー消費量が抑えられたことでCPUの負荷も軽減されました。

(参考サイト)
FirefoxやThunderbirdのメモリ消費量を劇的に減らす方法

Be the first to comment on "FirefoxがCPUリソースを大量に消費し、パソコンが重たくなる現象について"

Leave a comment