Postfixでメールの転送 aliases、virtualの設定

Postfixでメールの転送をするとき、aliasesまたはvirtualを使うことができます。私自身は、virtualを使っていますが、久しぶりに設定変更しようとしたら、完全に忘れていました。備忘録としてまとめました。aliases、virtualのそちらを使おうと、設定方法はほとんど同じです。要点をおぼえたら簡単にマスターできます。

virtualで設定する

1. postfixの設定ファイル「main.cf」に下記の内容を追記します。
[root@mail ~]# vi /etc/postfix/main.cf

「main.cf」に追記する内容

virtual_alias_maps = hash:/etc/postfix/virtual

2. virtualファイルに転送の設定を記述する
[root@mail ~]# vi /etc/postfix/virtual

「virtual」の記入例

test@shinbo.org test2
test@shinbo.org test@yahoo.co.jp
test@shinbo.org test2 test@yahoo.co.jp
#受信したメールアドレス(スペース)転送予定したいユーザー(スペース)転送予定したいメールアドレス

3. 記述したルールをデータベースに反映させるために、postmap コマンドを実行する。
[root@mail ~]# postmap /etc/postfix/virtual
完了すると、/etc/postfix/virtual.db が作成されます。

4. 最後に、postfix をリロードしてください。
[root@mail ~]# /etc/init.d/postfix restart

aliasesで設定

1. postfixの設定ファイル「main.cf」に下記の内容を追記します。
[root@mail ~]# vi /etc/postfix/main.cf

「main.cf」に追記する内容

alias_maps = hash:/etc/aliases
alias_database = hash:/etc/aliases

2. aliasesファイルに転送の設定を記述する。
[root@mail ~]# vi /etc/postfix/aliases

「aliases」の記入例

test : test,test1
test : test@yahoo.co.jp
#受信したユーザ:(コロン)転送予定したいユーザー,(カンマ)転送予定したいメールアドレス

3. newaliases コマンドにて 稼働中の postfix に aliases ファイルの変更通知を行います。
[root@mail ~]# newaliases

4. 最後に、postfix をリロードしてください。
[root@mail ~]# /etc/init.d/postfix restart

ここまで終えたら、実際に外部から自分のメールアドレス宛てにメールを送信してみましょう。正常に受信することができればOKです。

(愚痴)
 久しぶりに、メールの転送をしようとしたところ、virtualでやっていることを忘れており、少し苦戦しました。メールサーバーも定期的に触る必要があると実感しまた。

Be the first to comment on "Postfixでメールの転送 aliases、virtualの設定"

Leave a comment