ウイルスセキュリティzeroの設定 hostsファイルを有効にする

 Window10にアップグレードしたとき、ウイルスセキュリティzeroもアップグレードしました。その後、ローカルで使用しているhostsファイルの内容が、全てコメントアウトされているのに気が付きました。hostsを手動で変更しても、パソコンを再起動するとコメントアウトされます。最初は、原因が何か分からなかったのですが、ウイルスセキュリティzeroが起動した後にコメントアウトされたので、ウイルスセキュリティzeroが犯人ではないかと疑いました。実際に、ウイルスセキュリティzeroの設定を変更することで、hostsの無効化を回避できたので、犯人はウイルスセキュリティzeroでした。その他のセキュリティーソフトでも同じことが起きるみたいです。
 今回は、ウイルスセキュリティzeroで、hostsファイルの無効化させない設定にする方法の紹介です。

ウイルスセキュリティzeroの設定

 操作画面の左上にある「人型アイコン」をクリックします。その中にある一般設定を選択します。
ウイルスセキュリティzeroの設定。hostsの自動書き換えを無効にします。

 上部のメニューで「詳細設定」を選択し、「hostsファイルをスキャンする」を無効に設定します。
以上で完了です。
ウイルスセキュリティzeroの設定 其の二

hostsファイルの場所

 参考までにhostsファイルの場所です。よく忘れるのでメモしておきます。
♠ windows
C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

♠ linux
/etc/hosts

Be the first to comment on "ウイルスセキュリティzeroの設定 hostsファイルを有効にする"

Leave a comment