やっぱり釘が命(パチンコ 蒼天の拳)

 朝から、パチンコ屋の気合の入ったメールが来ました。全コーナーで優秀台を設置しているとか・・・。僕的には、嫌いなイベントです。まず、狙い台が絞りにくいこと、イベントの信頼性を測る材料になりにくいことです。特にパチンコだと、イベント機種の釘調整を見れば大体の内容が分かるし、その情報を蓄積すれば、お店が優良店かどうかの判断にもつながるからです。
 しかし、週1回程度しか遊びに行けない状態では、イベントの内容に贅沢を言っているヒマはありません。今日も優秀台が見つかることを祈ってパチ屋へgoですbou_17.gif

 パチ屋に行って、10分程度店内をブラブラしていると、打てそうな台が沢山あるではないか。その中でも特に甘そうなのが、「北斗の拳 剛掌」、「蒼天の拳 アマデジ」、「CR武神烈伝」でしたbirthday_05.gif
 その中から、最初に「北斗の拳 剛掌」を打ってみることにした。理由は、以前に大勝ちしたからだ。(そんな理由で打つといつも酷い目あっているgurime_01.gif

 実践を開始すると、3000円投資したところで、回転数は76回だった。回転数的には、1/25で悪くないのだが、結構、風車の所で反対側に流れている。そして、打っている台が、MAXタイプなので、1/25ではきついと判断し止めることにした。

次に向かったのでは、「蒼天の拳 アマデジ」です。
 パチンコ 蒼天の拳 釘
↑釘はこんな感じです。

 1000円投資した所で、回転数は32回。「上ムラかな?」と思いつつさらに、500円をつぎ込んだとことで、赤扉から宗武リーチへ発展し大当たりした。
パチンコ 蒼天の拳 画像1
 その後も、保留から2R大当たりを引き、4R→4R→2R→15R→4R→2R→2R→4R→4Rと10連チャンする。持ち玉も2箱になり楽な展開になった。良い流れは続くもので、100回転以内で当たり、さらに保留玉で当たりを引く理想の展開が3回程度続いた。少し残念なことに、3連、4連、2連で終了した。出玉も4箱になったbou_01.gif
 嬉しいことに、右打時に止め打ちをしていると、玉が少し増えた。大体1回転に1個程度だ。一回の大当たりでは、60〜80個程度だが、これが続くと結構デカい。
 
 さて、ここまで良い調子で出玉を伸ばすことができたが、やっぱりハマリはやって来た。ターニングポイントは、連チャンが終わって、98回転めに拳士郎がカットイン「北斗の文句は・・」して玉玲リーチへ、最後のカットインは「キリン柄」だったので、心の中では、「モラッタ」って感じになっていたら、外れてしまったgurime_08.gif

 その後は、420回までハマり、単発。次も240回までハマり単発でした。その後も単発を数回繰り替えして、実践を終了した。(夕方の4時に終了)
 ハマっている間も1000円当たり26回程度の回転を維持できたのと、止め打ちによる玉増えなどで出玉があったので、最終的に3箱換金することができた。

パチンコ 蒼天の拳 実践結果(手前側の玉です)
↑手前側の玉です。

 本日の結果は、総投資5500円で回収は16500円でした。11000円のプラスで終了することができました。
 

Be the first to comment on "やっぱり釘が命(パチンコ 蒼天の拳)"

Leave a comment