Google Analytics ページ解析機能を利用しリンク部分のクリック数を調べる

 Google Analyticsのページ解析機能を使い、ページ内リンクのクリック率(数)を調べます。ページ内のクリック率を調べることで、ページのどの場所にバナーを張ると効果が高いかか知ることができます。また、ABテストでバナーのクリック率を調べ、効果の高いバナーを調べることもできます。
 ページ解析機能を使い、より効果の高いサイト運営を目指してください。

1. ページ解析はどこから入るの?

 アクセス解析のページ開き、左側のメニューに「行動」→「ページ解析」と進んでください。また、「行動」→「サマリー」から各ページに進み、折れ線グラフの上側にある「ページ解析」から入ることもできます。
google アクセス解析でページ解析をする

2. ページ解析を開くとエラーになる??

 ページ解析を開くと下記の内容のエラーが表示されます。
その場合は、「新規ウインドで表示」をクリックし、新しいタブでページを開いてください。
ページ解析 ページ解析の読み込み中に問題が発生しました。エラーになる

エラー内容

ページ解析の読み込み中に問題が発生しました。
設定に関する一般的な問題を確認しましたが、問題点を特定できませんでした。しばらくしてからもう一度お試しください。
Chrome や Firefox をご利用の場合は、これらのブラウザのセキュリティ モードで最近変更されたデフォルト設定が問題となる場合があります。これらのブラウザには新しいセキュリティ ポリシーが導入され、安全性の確認されたページに安全性の確認されていないコンテンツを表示することができなくなりました。この問題を解決するには、アドレス バーの盾アイコンをクリックして、安全性の確認されていないコンテンツを許可するか、全文表示オプションをご利用ください。
Page Analytics(Chrome 拡張機能)をお試しいただけます。この機能は、ページ解析レポートの機能とほとんど同じですが、以下の問題の解決に役立ちます。

3. 分析のポイント

 ページに設置されたリンクにクリック率が表示されます。クリック率はページ全体でのクリックされた割合です。ページ内リンクが1つしか無い場合は100%となります。また、クリック率の表示場所にカーソルを合わせるとクリック数を見ることができます。
ページ解析 リンクの場所にクリック率が表示される

ポイント
・ページ内のどの場所にバナーを設置すると効率良くユーザーを誘導できるか調べることができる。
・プログラムで動的にリンクを生成している場合は、各リンクごとのクリック率が表示される。
・2ページでクリックを比較するときは、クリック率(CTR)で比較します。クリック率は下記のように計算します。
  クリック率(CTR) = クリック数 / ページビュー数 * 100

4. 「Error: 20006」エラーの対処方法

ページ解析 error 20006の対処方法

エラー内容

アクセスが拒否されました。レポートからもう一度ページ解析を実行してください。[Error: 20006]

 ページ解析を使うと、上記のようなエラーになる時があります。
これは、アクセス解析で設定しているドメインとページを閲覧しているドメインが違う場合におきます。
その場合は下記の手順で設定を変更してください。

ビューの設定の確認
ページ上部の「アナリティクス設定」より、「ビューの設定」に進んでください。
ウエブサイトのURLの項目を確認します。この設定とページを表示したときのドメインが違うとエラーになります。設定が違っている場合は変更してください。

(今回のエラー)
エラーになった原因は、ページを表示するときは「www.」有りで表示し、設定には、「www.」無しになっていたためエラーになりました。

ブラウザ → http://www.shinbo.org
アクセス解析の設定 → http://shinbo.org

Be the first to comment on "Google Analytics ページ解析機能を利用しリンク部分のクリック数を調べる"

Leave a comment