Apacheのインストールと初期設定(OS:CentOS 64bitにて)

apacheのインストールと初期設定について紹介します。
apacheのダウンロードは、
http://httpd.apache.org/download.cgi
からダウンロードできます。ダウンロードしたソースを「/usr/local/src」に配置します。そして、インストール作業に移ります。

Apacheをソースからインストール

ダウンロード&インストール

[root@localhost src]# tar zxmakevf httpd-2.2.17.tar.gz
[root@localhost src]# cd httpd-2.2.17
[root@localhost httpd-2.2.6]# ./configure –enable-ssl=shared –enable-rewrite=shared –enable-deflate –enable-headers –enable-so

モジュールの後に「=shared」と付けるとモジュールを動的にインストールします。付けないと静的にインストールします。動的、静的については、こちらのページを見てください。
「–enable-so」は、モジュールを追加するためのオプションです。後にモジュールの追加やphpをインストールするときに必要になります。

opennsslをインストールしていない場合(モジュールを入れない場合)は、
[root@localhost httpd-2.2.6]# ./configure –enable-so –enable-rewrite=shared

[root@localhost httpd-2.2.17]# make
[root@localhost httpd-2.2.17]# make install
make時にsslのエラーが出た場合は、sslのパス「–with-ssl=/usr/local/ssl」を指定して再makeしてください。

起動チェック
[root@localhost ~]# /usr/local/apache2/bin/apachectl start
ブラウザで、http;//127.0.0.1を入力し、apacheの画面が出れば、OKです。
デフォルトの公開ファイルは「/usr/local/apache2/htdocs/」以下になります。

またブラウザがない場合は、
[root@localhost ~]# ps -aux | grep httpd
上記のコマンドで「httpd」のプロセスが起動しているかどうか確認してください。

apacheの初期設定

apacheの基本の設定ファイルは、以下のファイルになります。
[root@localhost /]# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

httpd.conf の変更箇所

ユーザーとグループの確認(110行め辺り)
User daemon
Group daemon

アクセス権限の変更(160行目辺り)
Options FollowSymLinks
AllowOverride None
Order deny,allow
Deny from all

Options FollowSymLinks
AllowOverride None
Order allow,deny
Allow from all

ファイルの読み込み設定の変更(210行目辺り)
ブラウザでファイル名を指定せずにアクセスしたとき、左のファイルから優先的に読み込みます。
DirectoryIndex index.html

DirectoryIndex index.html index.php index.htm index.xml

インストール時に「–enable-deflate」をいれた場合は、追記します。
「deflate」は圧縮通信になります。詳しくは、こちらに記載してます。

画像以外全て圧縮する設定です。(ファイルの最後に追記)
<Location />
SetOutputFilter DEFLATE
BrowserMatch ^Mozilla/4 gzip-only-text/html
BrowserMatch ^Mozilla/4\.0[678] no-gzip
BrowserMatch \bMSI[E] !no-gzip !gzip-only-text/html
SetEnvIfNoCase Request_URI .(?:gif|jpe?g|png)$ no-gzip dont-vary
Header append Vary User-Agent env=!dont-vary
</Location>

特定の公開場所に設定したい場合は、<Location />でパスをしてするか、バーチャルホスト(Virtual Host)で指定してください。

設定を反映させるためにapacheを再起動します。
[root@localhost ~]# /usr/local/apache2/bin/apachectl restart

apacheの自動起動

起動時に読み込むファイルに下記の内容を追記してください。
[root@localhost ~]# vi /etc/rc.d/rc.local

rc.local に追記する

/usr/local/apache2/bin/apachectl start

apacheの自動起動 その2

chkconfigにて

[root@localhost ~]# cp /usr/local/src/httpd-2.2.2/build/rpm/httpd.init /etc/init.d/httpd
[root@localhost ~]# chmod 755 /etc/init.d/httpd
[root@localhost ~]# vi /etc/init.d/httpd
三ヶ所を変更
httpd=${HTTPD-/usr/sbin/httpd}

httpd=${HTTPD-/usr/local/apache2/bin/httpd}

pidfile=${PIDFILE-/var/run/${prog}.pid}

pidfile=${PIDFILE-/usr/local/apache2/logs/httpd.pid}

CONFFILE=/etc/httpd/conf/httpd.conf

CONFFILE=/usr/local/apache2/conf/httpd.conf

[root@localhost ~]# chkconfig –add httpd
[root@localhost ~]# chkconfig httpd on
[root@localhost ~]# chkconfig –list | grep httpd
(結果)
httpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

apacheモジュールの確認

[root@localhost ~]# /usr/local/apache2/bin/apachectl -M
(結果)
Loaded Modules:
core_module (static)
authn_file_module (static)
authn_default_module (static)

コマンド

apache プロセス確認
[root@localhost ~]# ps -aux | grep httpd

apache プロセス数確認
[root@localhost ~]# ps -aux | grep httpd | wc -l

フォルダーのデータ容量の確認
[root@localhost ~]# du -h -s /home/

Be the first to comment on "Apacheのインストールと初期設定(OS:CentOS 64bitにて)"

Leave a comment