Internet Exploreの互換性表示モードの制御

 Internet Exploreは、互換性表示モードがあります。互換性表示モードとは、古いバージョンのブラウザと同じ表示をしてくれる機能です。製作者にとっては、都合の悪い場合があり、例えば、最新のプラウザに対応したサイトを作成したのに互換性表示を設定された場合、サイトが古くなり新しいブラウザに対応できなくなった場合、その時に意図しない表示をしレイアウトが崩れたり、表示できなかったりします。

 対処方法は、メタタグ「X-UA-Compatible」を使用すると互換性表示を強制的に制御することができます。使用方法は下記にのようになります。

・IE7で表示する場合
<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=EmulateIE7″ />

・最新のバージョンで表示する。互換性モードを解除する場合
<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=Edge” />

・互換性モードの設定一覧
EmulateIE8  IE8標準モードまたはQuirkモードで表示
EmulateIE7  IE7標準モードまたはQuirkモードで表示
IE8 IE8標準モード
IE7 IE7標準モード
IE5 Quirkモード
Edge 使ってるブラウザで使用できる最新のバージョンで表示

Quirkモードは、IE5以前の古いブラウザに対応

Be the first to comment on "Internet Exploreの互換性表示モードの制御"

Leave a comment