CentOSのファイルマネージャーで新しいウインドウが開かない設定にする

 CentOS6のGNOME環境では、初期状態ではファイルマネージャーを使用すると、フォルダーを開く度に新しいウインドウが開きます。かなり迷惑なのでウインド内で切り替わる設定に変更しました。

環境
OS : CentOS 6.0
デスクトップ : GNOME

上部のメニューで「システム」→「設定」→「ファイル管理」と開きます。
CentOS ファイルマネージャーの設定 画像1

ファイル管理の設定の「動作」のタブを開き、「常にブラウザ・ウインドウで開く」にチェックを入れます。
CentOS ファイルマネージャーの設定 画像2

(参考サイト)
http://codaholic.org/?p=729

Be the first to comment on "CentOSのファイルマネージャーで新しいウインドウが開かない設定にする"

Leave a comment