Vmware のゲストOS(fedora 16)の圧縮 コマンドにて

 VmwareのゲストOSをコマンドで圧縮する方法の紹介です。vmware-toolsのバージョンが8では、GUI(グラフィカルユーザインタフェース)で圧縮作業ができたのですが、バージョン9からは、GUIがなくなりました。
 バージョンが8では、以下のコマンドでGUIを起動して圧縮ができます。
[root@localhost ~]# /usr/bin/vmware-toolbox

vmware-toolboxでの圧縮作業

今回、検証した作業環境は以下のようになります。
Vmwera Player 5.0.1
ゲストOS Fedora 16
vmware-tools 9.2.2

コマンドで圧縮
圧縮するパーティションを調べる
[root@localhost ~]# /usr/bin/vmware-toolbox-cmd disk list
/
/boot

圧縮する
[root@localhost ~]# /usr/bin/vmware-toolbox-cmd disk shrink /

コマンドのヘルプ
[root@localhost ~]# /usr/bin/vmware-toolbox-cmd disk help

(感想)
 GUIで操作ができなくなったのは残念だ。無料のVmwera Playerを使っているので、しょうがないな。windowsでもGUIが使えなくなっているので、次は、windowsの圧縮方法を探したいと思います。

(参考サイト)
Mirror House Lab

Be the first to comment on "Vmware のゲストOS(fedora 16)の圧縮 コマンドにて"

Leave a comment