「nslookup」コマンドの使い方(windows編)

 winddowsでの「nslookup」コマンドの使い方の紹介です。
 前回、linuxの「dig」コマンドの使い方を紹介させていただきましたが、「nslookup」コマンドも、IPアドレス、DNSサーバー情報を調べる時に使います。良く使うケースとしては、パソコンがインターネットに繋がらないとき、新規でドメインを取得したときなどに使います。

基本的な使い方
C:¥>nslookup yahoo.co.jp

詳細な情報を調べる場合は対話モードで
メールサーバー情報
C:¥>nslookup
>set type=mx
>yahoo.co.jp

「ASO」レコードの表示
C:¥>nslookup
>set type=aso
>yahoo.co.jp

全情報の表示
C:¥>nslookup
>set type=any
>yahoo.co.jp

yahooのDNSサーバーに問い合わせる
C:¥>nslookup
>set domain=118.151.254.133 (相手先のDNSサーバーのドメイン、IPアドレス)
>set type=any
>yahoo.co.jp

(公開DNS)
Googleの公開DNSでIPアドレスは下記のとうりです。
8.8.8.8
8.8.4.4

(参考サイト)
nslookup ~DNSサーバに名前解決の問い合わせを行う

Be the first to comment on "「nslookup」コマンドの使い方(windows編)"

Leave a comment