PHPアクセラレータ(APC)でPHPの高速化

 PECLに登録されているAPCは、PHPの中間コードのキャッシュや最適化を行う拡張モジュールです。APCをインストールすると、PHPの高速化が望めます。今回は、APCのインストールと初期設定をします。

1. インストールする前に確認
 インストールする前に、よく失敗する点は、「gcc」「php-deve」「php-pear」「httpd-devel」のモジュールが無い場合にエラーが出るので、モジュールが無い場合はインストールしてください。
[root@localhost ~]# yum install gcc
[root@localhost ~]# yum install php-devel php-pear httpd-devel 

2. インストール
[root@localhost ~]# pecl install APC
(結果)
Build process completed successfully
Installing ‘/usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/apc.so’
install ok: channel://pecl.php.net/APC-3.1.6
configuration option “php_ini” is not set to php.ini location
You should add “extension=apc.so” to php.ini

3. PHPの設定
 インストールが完了しますと上記「extension=apc.so」のようにモジュールのパスを通す用に出ます。ソースからインストールした場合は、モジュールの場所が異なる場所に存在します。

[root@localhost ~]# find / -name apc.so
(結果)
/usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/apc.so

[root@localhost ~]# vi /usr/local/lib/php.ini

「amavisd.conf」の変更

パスの変更
;extension_dir = “./”

extension_dir = “/usr/local/lib/php/extensions”

追記する
extension=no-debug-non-zts-20060613/apc.so

4. 確認
 アパッチを再起動し、phpコマンドで確認します。
[root@localhost ~]# /usr/local/apache2/bin/apachectl restart
[root@localhost ~]# php -i | grep apc
(結果)
apc
apc.cache_by_default => On => On
apc.canonicalize => On => On
apc.coredump_unmap => Off => Off
apc.enable_cli => Off => Off
apc.enabled => On => On

設定項目を確認できれば完了です。完了したら、アパッチのベンチワークの測定WEBEAITで測定して、比較してください。

(感想 
 アパッチのベンチワークテストで約20%ほど早くなっていた。体感速度も早くなったような気がします。

Be the first to comment on "PHPアクセラレータ(APC)でPHPの高速化"

Leave a comment