拾ったチャンスは有効に

 家のパソコンのメンテナンスのため、日曜日に遊びに行った実践を月曜日に記載してます。

 朝、いつものように行きつけの店へ行くと、アマデジコーナーに優秀台っぽい台を発見する。「CRAデジハネ北斗の拳STV」、「キン肉マン」、「CR月影」など五台ほどあるではないか。icon_smile.gif
 どの台も、普段客付きの良くない台なので、慌てて座ることもないだろうと思い、そのままスロットコーナーへ。

 スロット「蒼天の拳」のコーナーへ行くと、設定変更の判別をしてくれている人がいた。特に打つ気持ちもなかったので、遠くから傍観していた。見ていると4台中、1台でステージ変更が頻繁に掛かり、設定変更している挙動を示した(先日は不発の台)。打っている方も、それに気付いたようだか、「黄西飛」と「呉東来」ステージを行ったり来たりだったのですぐに止めて行った。
 その後、別のお客が、千円ほど入たとき、チャンス目→ベル(ランプ、青)で、高確が確定しいた。しかし、気づかなかったのか、直ぐに止めて行ったicon_twisted.gif
 
 設定変更が濃厚ということと、高確状態が確定しているいることから、この台を打つことにする。運が良く、3000円投資したところで、強チェを引き、「死合の刻」をGETした。(追加投資1000円することになったgurime_03.gif

蒼天の拳 画像1

 「死合の刻」も特にレア子役を引いていないが16連した。
何でストックされたか分からないまま、1200枚程度のコインをゲットした。
ちょっと、気分は複雑icon_question.gif

蒼天の拳 画像2

 ここまで引いた子役は、ほとんどが、角チェとスイカAだったが、合算確立は、1/30ぐらいでかなり良いので、このまま続行する。

 その後は、300回程度ハマり、「死合の刻」を3〜5連程度の当たりを繰り返していく。「死合の刻」に単発がないので、奇数設定では無さそうだった。

 そんな感じで、下皿生活が続き、3000回転の時点で、子役確立が、Ⅰ/40を下回ったので止めることとする。
 蒼天の拳の収支は、投資4000円の回収が12000円でした。

 まだ、時間は、夕方4時なので、朝見たパチンココーナーへ行く。
朝、確認した優秀台のほとんどが取られていたが、運良く「CR月影」が開いていたので着席する。5000円ほど投資したところで、「炎巻物」が出現し、万華鏡に「忍」の文字が現れて「天地崩斬リーチ」で大当たりとなった。ここまでの回転数が、135回転で、1000円当たり27回転回っているので、優秀台であろう。
 大当たり中は、きっちり「止め打ち」をすれば、少し玉が増え程度でした。少しでも「止め打ち」サボれば、玉が減っていくので、結構しんどかった。

 その後は、大当たりを合計42回(2R大当が4割程度)引いたが、ハマリも深く最大430回転までハマったので、最終的な出玉は、

CR月影の結果

 こんな感じでした。
「CR月影」の結果は、投資5000円、回収が6500円でした。
 

(今日の実践を振り返って)
 「CR月影」に関しては、申し分のない台でした。回転もおそらく、25回をキープしていたと思うし、確変中も玉増えした。残念なことに、2R大当に偏ったため、あまり収支が上がらなかった。

 次回も、これくらいの優秀台に座れるように努力したい。優秀台に座り続けれれば、そのうち、収支もついてくるだろう。

カテゴリー: スロット実践, パチンコ実践 タグ: , パーマリンク

コメントを残す