難波のパチンコ店は厳しい。実践はできませんでした。

 今日は、難波にパソコンの部品を買いにいきます。
そのついでにパチンコの釘を見ていこうと思いますbirthday_09.gif

 パソコンの部品は、すぐに見つかったので、お昼を食べた後、13時ごろからパチンコ店をウロウロしました。
 最初に入店した店は、3.5円交換でパチンコの設置台数も半端になく多い。その店では、「北斗の拳 剛掌」がイベント台になっていました。お客様は、6割程度入っていました。店全体でも、約5割りのお客様がいたかな?肝心の釘は、イベント台でも、その他の台も、ほとんど同じで、命釘が無調整より少し狭いぐらいで、より釘とワープ釘が各台で差はあったものの、ほとんどの台がマイナス調整だった。
さすがに打てそうに無いので、速攻で店を出たkino_07.gif 

 その近辺の店を4件ほど見たが、ほとんど似たような調整でした。

 その中で、他のお客さんが1000円投資したとき何回転回わるか見ていたのだが、16回、21回、10回、次の人(別の台)は12回・・・と平均しても16回無いぐらいだった。そのような環境で良く打てるわと思い、実践をしないで退散しましたgurime_05.gif

 一部の店舗しか見ていないが、全体に釘は辛いね。ほとんどの店で最新機種が導入されていたので、最新機種を楽しむには良いかも・・・また、1円パチンコが沢山あり、ここにも準最新機種を入れている店が多数あるので、釘の配置や演出を勉強するには良いかも知れないよface_26.gif

カテゴリー: パチンコ実践 タグ: , パーマリンク

コメントを残す