sshのrootユーザーでのログインを禁止する

 直接rootユーザでログイン出来ると、rootユーザのパスワードが漏れると即システムを乗っ取られてしまうので、rootユーザが直接sshで接続出来ないように設定を行います。

1. 設定ファイルの変更
[root@localhost ~]# vi /etc/ssh/sshd_config

sshd_config の変更箇所

PermitRootLogin yes
↓ に変更する。
PermitRootLogin no

2. sshの再起動
・CentOS7 以上
[root@localhost ~]# systemctl start sshd.service
・CentOS6 以下
[root@localhost ~]# /etc/rc.d/init.d/sshd restart
・Ubuntu
[root@localhost ~]# /etc/init.d/ssh restart

3. ログインの確認
[root@localhost ~]# ssh root@localhost
root@xxxxx.jp(パスワード)
Permission denied, please try again

ログインができなければ、OKです。

Be the first to comment on "sshのrootユーザーでのログインを禁止する"

Leave a comment