まだ、本調子ではないようだ・・・

今日は、いつもの店で「蒼天の拳」と「鬼武者」のイベントだ。
お店に行くと、結構な人が並んでいた。何とかイベント台の蒼天の拳を確保した。前日の高設定っぽい台だったので据え置きを期待したいところだが、朝市でステージチェンジが連発する。設定変更していそうな感じだった。
しかし、2千円ほど投資したところでボーナスを引く、少し残念なことに「死合いの時」には入らなかった。その後直ぐに、「死合いの時」をGET。しかし単発だった。その後も子役確立は良好だ。

少し気になることに、自分の隣の台が、子役を引きまくっていた。そして、「死合いの時」も3連から5連を連発している。おまけに、「死合いの時」終了後は、高確でスタートが何回かあった。

その間 僕も、何回か「死合いの時」とボーナスを引くがほとんどが単発だった。しかし子役確立は、良好だ。(約1/30)
1500階ほど回して、奇数設定が濃高であることと、蒼天の拳が全部で4台しかないこと、隣の台が設定6っぽいこと、4台中2台が高設定はないだろうと思いやめることにした。

ここまでの実践結果は、

蒼天の拳の結果

約500枚ほど流し、少しマイナスでスロットコーナーを後にした。

その後は、パチンコの「北斗の拳剛掌」で打てそうな台を発見した。命釘が広いこと、こぼし部分の釘が閉じられていることから、この台を選択した。今回、「北斗の拳剛掌」を打つのは初めてで、セグは全く知らない状況です。
3000円ほど投資したところで、世紀末モード(246で)へ移行する。その後、10回転ほどで、シンとバトルに勝利した。なんか、幸先がいい・・・ 回転率は、1000円当たり26回以上だった。
バトルはケンシロウを選択し、10連した。そのほとんどがハイパーボーナスだったので、出玉は結構あった。

北斗の拳 剛掌の嬉しい瞬間
↑↑ 少しうれしい瞬間

その後も、大当たりを引き続け、結果、初当たりが4回、ボーナスが30回で終了した。
北斗の拳 剛掌の結果
一枚で収まらなかったので、もう一枚
北斗の拳 剛掌の結果2

結果、約34000個の出玉を出すことができた。

(本日の反省)
終了した後、スロットコーナへ行くと、自分の打っていた台に高設定札が刺さっていた。その隣の台にも・・・
高設定を信じて一日打ち切ることができないのは、まだまだ本調子でないようだ。もっと、数字を信じて打てるようにならないとだめだな。

カテゴリー: スロット実践 タグ: パーマリンク

コメントを残す